上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターの弦の張り替えと同時に指板保護のためオイルを塗りました。
オイルを塗るのは年に2~3回塗ればよいのでだいたい季節の変わり目
を目安にしておこなっています。
080917-171622.jpg
わかりにくいですけど指版のよごれ、あとフレットも汚れています。
まずは、弦をすべてはずして指板のよごれを堅くしぼったボロタオルで水拭きします。
フレットの汚れは、銅磨きクロスで磨きます。
080917-194039.jpg
これで、だいたいの汚れはとれました。
080917-194931.jpg
次にレモンオイルを塗ってフレットの間の汚れを歯ブラシで丁寧にブラッシングゥ~
そしてすぐに乾いたボロタオルで綺麗に拭き取ります。
一時間ぐらい置いて、保護用に荏油を塗ります。
080917-195754.jpg
これで一晩ぐらい放置します。
そして磨きクロスで綺麗に磨き上げます。(手加減無用です。)
080917-222014.jpg
どうです?凄く綺麗になったと思いませんか?
後は弦を張るだけ。
080917-231818.jpg
完成です。
080917-231848.jpg
今は亡きレオ・フェンダー作の80年代のG&L ASATです。
二十年近く経ちますが、まだまだ健在です。


       応援クリックおねがいします!!


      Rover400 ~It's my life~
スポンサーサイト

梅雨の時期は、湿気が多いです。
この湿気がギターにとっては、くせ者で・・・

湿気が原因でネックが反ったりしてたいへんです。
梅雨があけたらギターをメンテナンスに出そうと
おもってます。

気持ち的には季節が変わるごとに出したいところですが
そこまで予算が・・・・(涙)

車のオイル交換と一緒で楽器もメンテナンスが基本です。

宝くじでも当てるかな???


応援クリックおねがいします!!


Rover400 ~It's my life~


トモ藤田氏とメールのやり取りで、

『テープとFAXを使ったプライベートレッスンは
どうでしょうか』

ということになってレッスンの空きが出次第、
始めることにまりました。

レッスンが始まり自分のいまの行き詰りを伝え、
目標とする演奏をトモ藤田氏に言ったところ
意外にもその答えは、実にシンプルなものでした。
... 続きを読む


プロとの違いを考えているとき楽器屋で
目に付いた教則ビデオがありました。

それは・・・・



... 続きを読む


Guitarをもうかれこれ21年弾いている
ですけど、7,8年前に限界を感じていま
した。

感情をGuitarで表現をするということに
正直どうすればよいか分かりませんでした。


「つまるところプロの方々との違いは何なんだろう。」


ということです。

その秘密は、後ほどお話しします。






(↓1クリック御協力お願いします)

1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。