上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トモ藤田氏とメールのやり取りで、

『テープとFAXを使ったプライベートレッスンは
どうでしょうか』

ということになってレッスンの空きが出次第、
始めることにまりました。

レッスンが始まり自分のいまの行き詰りを伝え、
目標とする演奏をトモ藤田氏に言ったところ
意外にもその答えは、実にシンプルなものでした。

まず、AMP(できれば真空管の)に必ずつないで練習
をすること。日本人はAMPにつないでほとんど練習
しないのでピッキングが強くなる。その結果音が
いつも怒鳴っている。ピッキングをソフトにすることで
音に表現を持たせることが大事。

あとピックの素材(セルロイド)などもおしえて
いただきました。

セルロイドは弦に当たる時のトーンがとてもスムー
スで良いと教えてもらって、何個かプレゼントして
もらちゃいました。

いただいたピックは厚さ、握りやすさがすごく良く
その上サウンドもウエルバランスで最高です。

あと右手に力が入らないように(弦にふれる感じ)
弾く練習をするようにと教えられました。

まだまだ完全ではないですけど以前よりギターを感情的
に表現できるようになったと思ってます。

トモ藤田氏は、テクニックとはフィーリングを出すため
の道具であって、テクニックだけに頼ることは音楽的で
はないと常々おしゃっていました。・・・流石です!

今では日本でもトモ藤田氏のシグニチャーモデルのピック
が発売されています。
トーンが良くしたいときこのピックを試してみる価値はあると
思います。
<br><a href=さらに詳しい情報はコチラ≫





(↓1クリック御協力お願いします)

1
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://scagletti.blog102.fc2.com/tb.php/7-2d2a83da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。